Foresight® Cloudソリューション

Foresight® Cloudソリューション

フォーサイト・グループは、アメリカ、スイス、ドイツにある、SSAE 16 に準拠し、検証済みかつ最新鋭のデータセンターを通じて、安全性ソリューションのホスティングと安全性管理サービスをお客様に提供しています。データセンターは、英語と日本語対応のグローバル・サービスデスクでサポートしています。

ホスティング

フォーサイト・グループのそれぞれのデータセンターは、高可用性を実現できるように設計され、かつWANによって接続されていて、互いの災害復旧サイトとして機能することが可能です。お客様はアメリカまたはスイスのデータセンターを主要なデータセンターとして選択することができます。Foresight® Cloud 上でホストされているソリューションは、バックアップや災害時のリカバリーに備え最も厳しい目標復旧時点 (RPO) や目標復旧時間 (RTO) の必須要件を満たしています。

ヨーロッパを拠点とするお客様に対しては、フォーサイト・グループはセーフハーバー認定であり、スイスのデータセンターの災害復旧サイトとしてドイツのデータセンターを活用することにより、ヨーロッパの最も厳しいプライバシー要件を満たすことが可能です。そのため、アメリカのデータセンターにデータを格納する必要がありません。

フォーサイト・グループはForesight® Cloud 上のカスタム・システムと市販システムの組み合わせをホスティングするために最大限の柔軟性をお客様に提供しています。これにより、お客様は最善のソリューション (Medidata Rave®と統合されているOracle Argus SafetyTM) を利用することができ、かつ、報告のために Cognos や Business Objects を使用するなど重要な社内スキルを活用することができます。

また、Foresight® Cloud は、お客様に、最大限のセキュリティとコンフィグレーションの柔軟性を実現します。お客様は、それぞれ独自の環境、独特なアプリケーション・コンフィグレーションを保持しており、ToadTMのようなツールで元となるデータベースに直接アクセスすることができます。更に、高いパフォーマンスやセキュリティを確保するために、Foresight® Cloud はCitrixも使用しています。

フォーサイト・グループは、お客様の信頼に値する、安全性ソリューションのホスティングにおける豊富な経験があります:

  • CROで20事例以上のArgus SafetyTMのホスティングにおける10年以上の経持つ元CIO
  • CROで20事例以上のEmpira Trace のホスティングにおける 5年以上の経験を持つ元CIO
  • ホスティングとマネージド・サービスのマネージャーはArgus SafetyTMの20事例以上をホスティングするCRO向けのオペレーションの部長
  • PV Monitor® のホスティング経験が4年以上(アメリカ、ヨーロッパ、日本のトップ10位にランクする製薬会社のうち現在4社が使用中)

安全性管理サービス

フォーサイト・グループはForesight® Cloud、Oracle Cloud、または社内でホスティングを行うソリューションのためのあらゆる安全性管理サービスを提供します。

アプリケーション管理サービス

フォーサイト・グループは、ホスティングを行う場所に関わらず、Argus SafetyTM のシステムを保守、維持するために必要なあらゆるサービスを独自に提供します。安全性システムの保守には、技術面のスキルと業務面のスキルの組み合わせが必要です。フォーサイト・グループが提供する独自のサービスは以下の通りです。

  • 製品、試験、ライセンスの保守
  • ワークフロー変更の設計や導入
  • E2B パートナーのコンフィグレーション (報告とインポート)
  • 辞書のメンテナンス-MedDRAアップグレードのためにフォーサイト専有のForesight® Codex Up Versionツールを使用
  • カスタム・レポートの保守
  • アドホック・クエリー
  • Argus および Argus J (英語、日本語)

サービスデスク

フォーサイト・グループは、サービスデスク、Eメール、電話を用いて、オンライン上で英語と日本語でサービス・リクエストの受け入れが可能です。アメリカ、ヨーロッパ、インド、日本にて、機能面、技術面に詳しい社員がフルタイムでオフィスに在籍しており、フォーサイト・グループは必要に応じて24時間年中無休のサポートを提供することも可能です。