データ移行

データ移行

フォーサイト・グループは過去十数年で主たるグローバル/日本向け安全性システムから50件を超えるデータ移行を成功させてきました。

データ移行元の安全性システムは、Oracle AERS, Clintrace, Empirca Trace, ARISg, ARISj, Perceive, H-P Clinical Works, Custom and Argus into Argus, Argus J, ARISg and Oracle AERSが含まれ、移行データ件数は最小1000件から最大300万件に上ります。フォーサイト・グループのプロジェクトチームのメンバーは、過去にデータ移行プロジェクトの経験を有します。

                  

フォーサイト・グループ独自かつ実証済のアプローチは、スピーディーで低コストなデータ移行を可能にするとともに、大きな指摘事項もなく規制当局の監査に合格してきました。このデータ移行の手法は、過去のデータ移行の失敗が重大な指摘事項につながり、それにに関する警告状への対応が必要となった複数企業に採用されています。フォーサイト・グループはこのグローバル・デリバリー・モデルと、設定/反復利用が可能な移行エンジンを活用することにより、納期短縮と導入コスト削減を実現します。

中核となるアプローチ

  • 移行元と移行先両方のデータベースを詳細に分析し最適な移行アプローチを決定
  • エンド・ユーザーの関係者と緊密に連携しながらデータ移行の業務ルールを定義
  • グローバルと日本のソースから移行する際、重複データの統合方法を統制するマスター・データ・プリンシパルを採用
  • 一貫性と整合性を重視した変換コードの開発
  • バリデーション関連の書類作成
  • データ品質を最大限に追求
  • フォーサイト・グループ独自の実証済みアプローチを用いた検証を実施
  • 本番環境のダウンタイムを最小限に抑えて移行を実施
  • 安全性データベース間のデータ・マッピングを実施し、解決すべき問題を特定
  • ビジネス・ユーザーと緊密に連携してマッピングを決定