安全性データベース概要

安全性データベース概要

フォーサイト・グループのコンサルタントは、安全性システム、業務プロセス、コンプライアンスの間に存在する重要な相互関係を十分に理解しています。
コンサルタントは、カスタムおよびパッケージ化された安全性データベースであるArgus™、 ARISg™、 Empirica Trace™、Oracle AERS™、これらに対応するデータマートや、ビジネス・インテリジェンス・ツールであるArgus Insight™、 Cognos™、Business Objects™など、複雑なソリューションツールに精通し、安全性データベースとデータマートの実装およびアップグレードの他、それに伴って発生するあらゆるデータ移行を支援します。

さらに、実装を成功させるための業務移行サービスも提供しています。クライアントのトップと連携し、新しい業務プロセスやワークフローの開発や、新規作成または更新が必要な標準業務手順書の特定、必要に応じた新たな標準業務手順書の作成、安全・業務・ITの各部門に対応したトレーニングの開発と実施を支援します。

フォーサイト・グループは、この他、検証管理からスクリプトのオーサリングおよび実行までを完全な検証に評価するサービスもご提供しています。
さらに、お客様の品質保証基準 (例:IQ、OQ、PQ、VSR、トレース・マトリックス) に従って、ユーザー要件 (URS)、機能要件 (FRS) 、その他のCSV成果物の作成も行います。グローバル・デリバリー・モデルを活用することで、費用効率の良い評価サービスをご提供するとともに、スクリプトの作成と実行を迅速かつ「24時間体制」で行うことが可能です。

最後に、PV部門の管理に必要なシステムは安全性データベースのみではありません。フォーサイト・グループには、アップストリーム (例:関連組織やコール・センターからの症例報告)とダウンストリーム (例:シグナル検出とリスク管理) の両方において、安全性データベースと他システムとの統合を行った経験が多数あります。